散歩道:間伐材使いオリジナルグッズ--守谷 /茨城

アサヒビール茨城工場(守谷市緑、松延章工場長)が、はしやしゃもじなど、間伐材で作ったオリジナルグッズの販売を始めた。

 同社のグループ会社「アサヒビールコミュニケーションズ」は、広島県庄原・三次両市に森林「アサヒの森」(広さ2165ヘクタール)を保有している。この森から出るヒノキの間伐材で、はし、祈願しゃもじ、バードコール、風呂に入れて香りを楽しむ湯玉、アニマルパズルなど6種類のグッズを作った。

 同社は01年に国際機関の一つであるFSC(森林管理協議会)の森林認証を取得し、よりよい森林経営に取り組んでいる。グッズを森林の保全向上のきっかけにしたいという。【宍戸喜四郎】

心身癒やす香りほのか 紫波町の温泉館で洋ナシ風呂

紫波町小屋敷のラ・フランス温泉館は26日、施設名にちなみ、ラ・フランス風呂を期間限定で始めた。男女露天風呂に町特産の洋ナシを計500個浮かべ、ほのかな香りで入浴客を癒やしている。

 11月26日の「いい風呂の日」に合わせ、初めて実施。同温泉館と町特産品のPRを目指し、地元の農場2カ所から加工用ラ・フランスを仕入れ、露天風呂に入れた。

 黄緑色の果実が数多く浮かぶ温泉は、普段とは一味違った豪華な雰囲気。盛岡市川目町の高橋タキさん(68)は「手に取ってみたら、香りが良かった」、同市三本柳の羽沢初雄さん(81)は「風呂の種類が多いのはいいね」と入浴を楽しんでいた。

 ラ・フランス風呂は29日まで。

ストーカー行為を働いた挙げ句にターゲット女性の家族を惨殺して逃亡

何かが狂ってしまった現代社会。毎日のようにニュースに流れる凶悪事件は尽きることを知らない。そして、いつしか人々はすべてを忘れ去り、同じ過ちを繰り返してゆく……。数多くある事件のなかでも、未だ犯人・被疑者の捕まっていない”未解決事件”を追う犯罪糾弾コラム。
 

[第4回]
群馬一家3人殺害事件
(1998年1月)

 前回、偶然にも記事掲載後に逮捕された”リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件”の被疑者・市橋達也の取り調べの様子が連日のように報じられ、改めて世間の注目を浴びている。これにより、そのほかの指名手配事件についても情報公開の重要性が見直され、より多くの人々が未解決事件に関心を持つことで事件解決が早まり、さらには犯罪抑止に繋がることを期待したいところだが……現実はそう甘くない。日本全国、毎日どこかで凶悪事件が発生し、依然として逃亡中の犯人・被疑者は大勢いる。あるコメンテーターは、市橋が逮捕される数日前、次のように話していた。

「指名手配というのは単なる管轄外の警察署への通達作業であり、現状では一般市民への情報提供の呼びかけとして有効ではない。一刻も早く犯人を捕まえるために、これからは無数にある人々の目を利用していかなければいけない」

 つまり、既存の指名手配制度を見直し、一般市民レベルまで手配情報が浸透するような新しいシステムを構築しなければいけないという提案である。現状ではどうしてもマスコミに依存する形になってしまっていて、時には歪んだ情報を生んでしまうことも……。本来であれば、警察主動で情報公開・収集を充分な形で行うべきなのである。今後、捜査のあり方がどう変わっていくのか注目していきたい。

 さて、今回取り上げる未解決事件は、「群馬一家3人殺害事件」。1998年1月14日に起こってからすでに12年が経とうとしている。群馬県高崎市(旧群馬町)三ツ寺で電気工事業を営んでいた石井武夫さん(当時48歳)の自宅で、武夫さんをはじめ、妻・千津子さん(当時48歳)、武夫さんの母・トメさん(当時85歳)の3人が惨殺され、すぐに運送会社の元従業員・小暮洋史(こぐれ・ひろし/当時29歳)が全国に指名手配された。事件のなりゆきは、次の通りと見られている。

 商品の運搬のために高崎市内のドラッグストアを訪れた小暮は、同店に勤務していた武夫さんの長女(当時26歳)に一目惚れする。勤務時間以外でも度々出入りするようになり、何度もしつこく食事やデートに誘ったものの、長女に断られ続けて逆上。長女が運転する車を尾行したり、家までつきまとったりしたほか、電話を執拗にかけてきたという。そして、ストーカー行為は次第にエスカレートしていき、ついに数カ月後、悪夢のような事件を起こしてしまう。

 事件の数日前、会社の掲示板に「辞めます」とだけ書き残して消えた小暮。突然、石井家を訪れて長女に会わせてほしいと求める。しかし、長女が外出中だったため、家族が断ると……小暮は勝手に家に上がり込み、鋭利な刃物で武夫さんの胸、千津子さんの背中を刺して殺害。そして最後に、抵抗することもできないトメさんの首を絞めて殺害。当時の報道によると、小暮は大量の血を流して亡くなった武夫さん夫妻の遺体を、浴槽に運んで片付け、長女の帰りを待っていたという。数時間後、家に戻った長女の目に映った悲惨な光景は、まさに悪夢そのものであっただろう。それでも、小暮に対して説得を試み、自らの命を守ることができたのは、並々ならぬ精神力があってこそと言える。小暮はしばらくの間、長女と現場に留まっていたが、やがて何かを諦めたかのように石井家をあとにして、乗りつけていた自分の車で逃走したという。ここまでが、生き残った長女の証言、そして警察の発表をもとにした事件の概要である。

 先述の通り、警察によって全国指名手配された小暮は、国道50号線を茨城方面に向かって逃走。1週間後には群馬県太田市と埼玉県熊谷市(旧妻沼町)で小暮の車が目撃されたが、それ以降の消息はつかめていない。事件の直前、小暮は知人に「警察に見つからずに死ぬ方法がある」と話していたという証言から、警察は自殺の線を追って各地の要所を捜索したとされているが、現在まで痕跡すら発見できていない。

“自殺説”を真に受けてか、それとも長期間に渡って手がかりが得られないためか、群馬県警高崎署のホームページに掲載されている指名手配情報は、ほかの凶悪事件に比べて写真や情報量が異様に少ない。冒頭に記した市橋の場合は、事件詳細のほか、何十種類もの顔写真と全身写真、本人の肉声、多岐に渡る個人情報、プロファイリングの専門家による性格分析、そして破格の懸賞金1,000万円……など、「絶対に逮捕してやる!」という強い信念が印象に残る情報公開・捜査を行っていた。被害者が外国人だったから、という理由だけで片付けてしまうのは、いささか短絡的ではないか。そもそも、前述の”自殺”をほのめかす証言にしても、犯行後の逃走を考えた上での伏線とも取れるし、車などは少し金をかければいくらでもスクラップにできる。過去、多くの犯罪者が時効まで逃げ切っていることを考えても、確実に死亡確認が取れるまでは追い続けなければいけない凶悪事件の被疑者なのだ。

 愛する家族が犠牲になった長女の無念さは、いつまでも晴れることはないだろう。願わくば、犯人の影に怯えることなく、穏やかに眠れる日が1日でも早く訪れてほしい。
(取材・文=松本京也)

<プロフィール> 被疑者:小暮洋史(こぐれ・ひろし)生年月日:1969年7月31日本籍:群馬県身長:170cm前後逃亡時の使用車両/日産・シルビア(ナンバー「群馬33 も 8670」)公訴時効成立:2013年1月14日
<情報>
懸賞金:100万円
(平成22年10月31日まで)※延長の可能性あり

<連絡先>
群馬県高崎警察署捜査本部
TEL 027-328-0110
フリーダイヤル 0120-547-590

「芸術村」2000人心酔/世界民族祭閉幕

◎生き生き舞台 生徒らと共に

 過疎の山村に芸術家らが集まり世界各地の文化や芸術を発信する祭典「世界民族祭」が23日、紀美野町真国宮の「りら創造芸術高等専修学校」であり、同校の生徒や世界各国の芸術家らが伝統芸能や創作舞踊、音楽などを次々と披露した。この日だけで県内外から約2千人の観客が訪れるほどの盛況となり、2日間の日程を終えた。(宮崎亮)

 祭典は、「芸術は世界を一つにつなぐ」をテーマに、舞台公演や創作を通じた人間教育を目指す同校と、地域住民らでつくる実行委員会が主催している。

 この日、「りら」の生徒たちは、練習と公演を重ねて完成度を高めたタップダンスを踊った。生き生きした表情で演技を見せる生徒らに、観客は大きな拍手を送った。続いて日本で暮らすペルーや韓国、中国の人たちが民族舞踊を披露。松井彬さんによる能、尺八やオペラといった音楽が次々と舞台で演じられた。

 トルコ出身のベリーダンサー、バーヌ・ムズラックルさん(30)ら8人によるベリーダンスには、最も観客が集まった。バーヌさんは女性客20人ほどを舞台前に招き、手ほどきしながら一緒に踊った。バーヌさんは「青空と緑に囲まれて、自分を妖精だと思って踊りました。地元の人にトルコやいろんな国のことを知ってもらえたと思う」。

 会場に並んだ世界の料理や雑貨を紹介するブースもにぎわい、外国人客の姿も目立った。地元の民家に泊めてもらい、この日、歌で舞台に参加したザンビア出身のウィザ・カバイエさん(29)は「4世代のご家族で、温かく迎えてもらった。お風呂が気持ちよくて、出たくなかったぐらい」と感謝していた。

 閉会式では、地元の伝統にならい、舞台の上から山上範子校長(53)ら関係者が観客に向かって約1600個のもちをまき、2日間の祭典が幕を閉じた。3年生の木村勇祐君(18)は「予想よりずっとたくさんの人が来てくれて驚いた。昨日の雨でぬかるんだグラウンドに板を敷いてくれるなど、地元の人の協力のおかげ」と話した。

 期間中の日程すべてを見届けたという地元の中谷静子さん(79)は「こんな出来事は生まれて初めて。礼儀正しくやさしい生徒たちのおかげで、このまちが活気づいた」とうれしそうだった。

「シャボン玉、宇宙で色付く?」娘の疑問、ママが解明へ

 【ワシントン=勝田敏彦】来年3月、米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルに乗って国際宇宙ステーション(ISS)に行く山崎直子さん(38)が、小学生の娘の疑問を宇宙で解き明かす計画を練っている。テーマは「色水で作ったシャボン玉は地上では透明。でも宇宙なら色はつく?」。

 実験計画のきっかけは、娘の優希さん(7)が「入浴剤で風呂のお湯には色がつくのに、そのお湯で作ったシャボン玉に色がつかないのはなぜ?」と思ったことだった。

 山崎さん一家は米テキサス州に住む。優希さんが通っていた幼稚園で親子参加の自由研究に取り組む機会があったので、さっそく、父の大地さん(37)と一緒にシャボン玉の色づけ実験をやってみた。

 墨汁や絵の具でシャボン玉を作ったが、やはり色はつかない。見るとシャボン玉の下のしずくのところだけに色がつき、薄い膜状のシャボン玉本体は、透明になってしまうのだった。

 その結果をポスターにして発表したが、「重力がなければしずくの部分は全体に広がり、シャボン玉に色がつくのでは?」と大地さんと優希さんは疑問に思った。

 地上では確かめられない。そこで直子さんに疑問を託した。直子さんは「シャボン玉の材料はISSにあるもので何とかするしかない。自由時間を使い宇宙で娘の疑問に答えたい」と話している。

ボージョレだよ ワイン風呂

 フランス産ワインのボージョレ・ヌーボー販売が解禁された19日、山鹿市鹿本町の水辺プラザかもとの入浴施設「湯花里」でワイン風呂が始まり、湯船から甘い香りが漂った。20日まで。客に豪華な気分を味わってもらおうと9年前から始めた。一番風呂の2人には、届いたばかりのボージョレ・ヌーボーが振る舞われた
薬湯専門の浴槽が、この日はワイン浴槽に早変わり。2日間で使われるワインは計170リットルで、1・8リットル入り赤ワイン約100本分。職員が見回り、ワイン色が薄れるたびにつぎ足していた。熊本市から毎年訪れるというお年寄りは「この日を楽しみに生きちょる」と笑顔で話した。

スッポン鍋で「雪肌すっぴん美人」に…岩手の8旅館

岩手県西和賀町や町商工会、県北上総合支局などでつくる「元気な西和賀ネットワーク」が、町特産のスッポンを生かした新メニュー「雪肌すっぴん鍋」を考案した。

 コラーゲンがたっぷり含まれ、低脂肪のスッポンは、アンチエージングにも役立つ美容食として、女性を中心に注目が集まっている。新メニューは早速、町内の8旅館が採り入れ、「自慢の温泉と美肌鍋で、雪のように白いすっぴん美人に」とアピールする。

 同町では1990年から、豊富な温泉資源を利用し、スッポンの養殖が行われている。スッポンは、滋養強壮に効果があるとされ、中高年男性を中心に好まれてきたが、最近はコラーゲンが豊富で低脂肪ということから、女性の間でも人気が高まっている。

 そこで、同ネットワークは、特産のスッポンを使った新メニューで、女性客を引き付けようと、県調理師会の加藤綱男会長(花巻市石鳥谷町)にレシピ作りを依頼した。

 「すっぴん鍋」は、じっくりと時間をかけてスッポンから取ったスープの中に、スッポンの肉を山芋で包んだ「減肥玉」と、鉄分の吸収を助けるビタミンB12が豊富なレンコンを使った「鉄取玉」が、たくさんの野菜とともに入っている。コラーゲンがたっぷりのスープは、冷めるとプルプルのゼリー状になる。

 町内には、温泉熱で温めた砂に埋まって新陳代謝を促進する砂風呂「砂ゆっこ」など多彩な温泉があるほか、地元豆腐店の豆乳で作った「結プリン」などもある。同ネットワークは「西和賀で、体の中からも外からも肌に磨きをかけて」とPRする。

 すっぴん鍋は、宿泊が原則だが、ホテル対滝閣、一休館、ホットハーブ錦秋、萬鷹旅館、本館春山荘、御宿末広では日帰りコース(入浴料込みで約4000円から)もある。吉野屋、山人は宿泊のみ。いずれも要予約。

 問い合わせは、町政策推進室内のネットワーク事務局((電)0197・82・3284)。

(2009年11月19日02時30分 読売新聞)

小雪:松ケンより?愛犬の存在が支え

女優の小雪(32)が17日、都内で行われた頭痛薬「バファリンプラスS」の新CM発表会に出席した。

 CMで演じた女神を想起させる白いロングドレス姿。頭痛の時は「運動したり、お風呂に入ったりして気分転換しています。犬ともよく歩きます」と明かした。愛犬はミニチュアシュナウザーの雌でCM撮影にも連れてきたという。交際中とされる俳優の松山ケンイチ(24)に加え、愛犬の存在が支えとなっているようだ。(スポニチ)

男子学生にセクハラ、山口県立大准教授を懲戒解雇

山口県立大(山口市、江里健輔学長)は16日、男子学生に執拗(しつよう)に電子メールを送ったり、セクハラ行為を繰り返したりしたとし、50歳代の男性准教授を懲戒解雇した。江里学長は11月分給与の10分の1を自主返納し、准教授が所属する学部長を文書訓告とした。

 発表によると、准教授は4~7月、男子学生に面会などを求めるメール約180通を送信。食事に誘い、県内の宿泊施設で一緒に入浴するなどしたという。

 7月に学生から相談を受け、大学側が調査。准教授は事実を認め、「行き過ぎた面はあったが、指導の一環」と弁明したという。

 江里学長は「再発防止とともに、学生と県民の信頼回復に努めたい」としている。

(2009年11月17日 読売新聞)

「あとでシバく!」ミスマガジン・中島愛里が9nine佐武宇綺にキレる?

ミスマガジンが出演するドラマ『僕の秘密★兵器』のDVD発売記念イベントが14日、秋葉原・石丸電気ソフト本店で行われ、出演の佐武宇綺、中島愛里、高木古都が出席した。

 ドラマ『僕の秘密★兵器』は,TVKやテレ玉ほか全国7局で地上波放送中のドラマ。コンプレックスだらけのモテない男だが、「好きになった女の子をくすぐり悶えさせれば願いが叶う」という特殊能力を持つ主人公・一之瀬ハジメが起こす騒動を描く物語。

 ミスマガジン出身のアイドルたちがくすぐりに悶えるシーンが毎回の見所だが、2話に登場した女子高生役・高木古都(09年審査員特別賞)は、「かなりくすぐられてるんですけど、あんまりくすぐったくなかったんです。それより初日の朝イチの撮影がくすぐりシーンで、スタッフさんとまだ全然仲良くなってないのに“ワキ撮りま~す”ってくすぐられたのが恥ずかしかったですね」

 一方、1話で落ち目のグラビアアイドルを演じた中島愛里(07年ミス週刊少年マガジン)は、「私の場合は痛かったんですよ。家でお風呂に入ったら、染みて赤くなってて、もうちょっとちゃんとくすぐってほしかったです」と振り返った。

 そして主人公の妹役を演じる佐武宇綺(09年読者特別賞)は、「バスタオル一枚とか、メイド服とか、お兄ちゃんのTシャツを借り着たりとか、色んな服を着てるので楽しんじゃってください」とアピールした。

 ミスマガジンの3人は仲がいいのか?との質問には、高木と佐武は「愛里さんが怖いです!」と声をそろえる。これには中島も「愛里怖くないし! 怖いと思ってるから怖いんだよ!」とキレ気味。しかし、佐武が別のイベントで「中島にいじめられている」と言っていたと記者から聞かされると「あとでシバくから! マネージャーさんに許可もらってシバくから」と凄んでみせて、佐武があわててフォローする一幕があった。

■佐武宇綺プロフィール
さたけうき●1992年3月8日生まれ、東京都出身。スカウトで現事務所レプロエンタテインメントに所属。川島海荷らとアイドルグループ「9nine」としても活動。ミスマガジン2009読者特別賞を受賞。

■高木古都プロフィール
たかぎこと●1990年8月28日生まれ、愛知県出身。角川映画×ソニーミュージック共催の第1回『スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス』で審査員特別賞に選ばれてデビュー。ミスマガジン2009審査員特別賞受賞。

■中島愛里プロフィール
なかじまあいり●1990年8月13日生まれ、神奈川県出身。ミスマガジン2007ミス週刊少年マガジン賞を受賞。

■アイドリング!!!4期生オーディション
http://www.deview.co.jp/ds/search.html?cmd=view&id=7128&data%5Bgenres%5D%5B0%5D=8&of=1

■アイドルニュース満載『WEBデ☆ビュー』HP
http://www.deview.co.jp/