広島少年院の元教官に実刑 「組織に問題」指摘

 収容少年に暴行を繰り返したとして、特別公務員暴行陵虐の罪に問われた広島少年院(広島県東広島市)の元法務教官松本大輔被告(29)=懲戒免職=に広島地裁は15日、「指導・教育の延長線上の行為とは言えず、粗暴、陰湿で極めて悪質」として、懲役1年4月(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 元教官4人と元首席専門官が同罪で起訴された一連の暴行事件で実刑判決は2人目で、元主任教官は一審判決(懲役9月)を不服として控訴している。残る3人は公判中。

 伊名波宏仁裁判長は判決理由から朗読し、事件の背景について「少年院幹部やほかの教官が被告らの暴行を認識、黙認するなど、組織の構造的問題の中で行われた」と、弁護側の主張を認めた。

 一方で「常習性は明らかで、少年をばかにするおごった気持ちや、楽しむ気持ちから暴行をエスカレートさせるなど酌量の余地が乏しい」と指摘。「少年らの更生や心身の成長に深刻な影響を与え、少年法制に対する国民の信頼を大きく損なった。刑の執行を猶予すべき事案とは言い難い」と述べた。

 判決によると、松本被告は昨年11月~今年2月、当時16~20歳だった収容少年8人に対し、少年院内の浴室で顔面を殴り、シャワーの水をかけて無理やりオムツをはかせ、ほかの少年に見せつけるなどした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA