雨でも温か露天風呂の日

真庭市・湯原温泉の露天風呂「砂湯」や観光客に感謝するイベント「第24回 6・26露天風呂の日」(実行委主催)が26日、真賀・足温泉などを含めた同温泉郷で開かれた。あいにくの雨模様だったが、観光客らは傘を差して通りを散策。無料開放された旅館の内湯を楽しむなどした。

 午前6時26分、砂湯近くにある温泉薬師の湯をくみ取った後、旅館経営者ら約30人が砂湯をきれいに清掃。旧湯原町内11か所でわき出る湯を砂湯に注ぐ行事などは強風と雨で中止になったが、保育園児約20人が屋内で太鼓などを演奏、雨が小降りになった時を見計らって風船を空に飛ばした。

 屋外イベントの多くが中止になったが、野だてやスリッパ卓球、チャリティーバザーなどは予定通り開催。砂湯にはショウブが浮かべられ、インターネットの動画でイベントを生中継する試みも行われた。

(2010年6月27日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA