ふるさと納税で露天風呂

上田市上室賀の室賀温泉「ささらの湯」が26日、ふるさと納税の寄付金などで露天風呂を増築し、新装開館した。

 名古屋市の会社経営滝沢有(たもつ)さん(77)が2008年、「母が生まれ育った上田市に貢献したい」と、市に6250万円の寄付を申し出たのがきっかけ。母親の出身地にある同館では、施設の充実を求める声が多く、市は、昨年の市議会7月臨時会に関連議案を提出し、可決された。

 檜(ひのき)風呂と岩風呂の洗い場は計30か所から計44か所に増え、各風呂には露天風呂も増設。檜風呂の露天風呂には寝湯もお目見えした。「ゆっくり入って、ツルツルの肌を手に入れてほしい」と山浦新一郎支配人(63)。

 営業は朝が午前5時~8時(大人300円、小中生150円)、昼・夜が午前10時~午後9時(同500円、同250円)。問い合わせは同館(電話0268・31・1126)。

(2010年6月27日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA