【子どもの水難事故②】水難事故を未然に防ぐために、ママ達がしている防止策とは?

ママスタ☆セレクト[2013/07/31]

前回【子どもの水難事故①】では、水遊びの際、実際に起こった危険な場面をご紹介いたしましたが、海や川、プールで気をつけたい場面がたくさんありました。
それでは、ママ達が水難事故を未然に防ぐため、子どもに水遊びをさせる時に気をつけていることは何でしょうか? ママスタでアンケートを行い聞いてみました。

Q:子どもが水遊びをする際、気を付けている事を教えてください。
圧倒的に多かった回答は……

“目を離さない”
“溺れないように監視”
“絶対に側にいる”

という、子どもから常に目を離さないという回答でした。
このほかにも水に入る前の対策を行うママもいました。

“アームヘルパーを付ける”
“なるべく日陰を探したり、回りにどういう年齢の子ども達がいるかチェックしたりする”
“日焼け対策は万全に!”
“必ず見ているし、水着や帽子は名前や電話番号を書いている。血液型も書いています。”
“目の届く範囲で遊ばせ、お腹がすいているような状態では泳がせないようにしています。体力がない状態では危ないですので。”
“準備運動をする。”

事前の対策が、子どもの水難事故の防止にも繋がります。
また、水の中はとても体力を消耗するため、このようなママ達もいます。

“あまり長く遊ばせないようにしている。”
“暑かったり寒すぎたりしていないかをチェックしている。”
“休憩をまめにとる。”
“20分までには1回休憩を入れる。”
“体の冷えすぎを招かないように30分を目途に水遊びを終える。”
“安全を確認しながら、小まめに水分補給。”
“体が冷えすぎて風邪を引かないように適度な時間に切り上げることですね。”

体力を消耗するため、水難事故につながるケースも少なくありません。適度に休憩を入れながら、子どもの体調を見て水遊びをさせましょう。
自宅で水遊びをさせるときに注意している点をいくつか紹介しましょう。

“プールの水位は低め。朝水を入れて日光で温めておく。”
“パラソルやテントなどで日陰を作ってあげる。”
“袋や布など窒息の原因になるものは置かない。”
“ビニールプールは滑りやすいので中に滑り止めをひいています。”
“沈んだおもちゃを拾う際に溺れないように、おもちゃは水に浮かぶものだけを与える。”

海や川だと大人も緊張感を持っていますが、自宅のビニールプールだと若干安心してしまいがちなので注意したいところです。
まだまだ、暑い夏休みは続きます。水遊びをするときには、あらゆる手段で未然に水難事故を防ぎ、家族みんなで楽しく遊び、最高の夏休みにしましょう! 

前回【子どもの水難事故①】では、水遊びの際、実際に起こった危険な場面をご紹介いたしましたが、海や川、プールで気をつけたい場面がたくさんありました。
それでは、ママ達が水難事故を未然に防ぐため、子どもに水遊びをさせる時に気をつけていることは何でしょうか? ママスタでアンケートを行い聞いてみました。

Q:子どもが水遊びをする際、気を付けている事を教えてください。
圧倒的に多かった回答は……

“目を離さない”
“溺れないように監視”
“絶対に側にいる”

という、子どもから常に目を離さないという回答でした。
このほかにも水に入る前の対策を行うママもいました。

“アームヘルパーを付ける”
“なるべく日陰を探したり、回りにどういう年齢の子ども達がいるかチェックしたりする”
“日焼け対策は万全に!”
“必ず見ているし、水着や帽子は名前や電話番号を書いている。血液型も書いています。”
“目の届く範囲で遊ばせ、お腹がすいているような状態では泳がせないようにしています。体力がない状態では危ないですので。”
“準備運動をする。”

事前の対策が、子どもの水難事故の防止にも繋がります。
また、水の中はとても体力を消耗するため、このようなママ達もいます。

“あまり長く遊ばせないようにしている。”
“暑かったり寒すぎたりしていないかをチェックしている。”
“休憩をまめにとる。”
“20分までには1回休憩を入れる。”
“体の冷えすぎを招かないように30分を目途に水遊びを終える。”
“安全を確認しながら、小まめに水分補給。”
“体が冷えすぎて風邪を引かないように適度な時間に切り上げることですね。”

体力を消耗するため、水難事故につながるケースも少なくありません。適度に休憩を入れながら、子どもの体調を見て水遊びをさせましょう。
自宅で水遊びをさせるときに注意している点をいくつか紹介しましょう。

“プールの水位は低め。朝水を入れて日光で温めておく。”
“パラソルやテントなどで日陰を作ってあげる。”
“袋や布など窒息の原因になるものは置かない。”
“ビニールプールは滑りやすいので中に滑り止めをひいています。”
“沈んだおもちゃを拾う際に溺れないように、おもちゃは水に浮かぶものだけを与える。”

海や川だと大人も緊張感を持っていますが、自宅のビニールプールだと若干安心してしまいがちなので注意したいところです。
まだまだ、暑い夏休みは続きます。水遊びをするときには、あらゆる手段で未然に水難事故を防ぎ、家族みんなで楽しく遊び、最高の夏休みにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA