絶景風呂、存続ピンチ

 絶壁にあって駿河湾を一望できる西伊豆町の名物温泉「沢田公園露天風呂」が、10月に台風18号の被害にあって以来、営業再開できない状態が続いている。一帯は国から「名勝伊豆西南海岸」に指定され、壊れた脱衣所などの修理には国の許可が必要。ところが、21年前に無許可で露天風呂をつくってしまった経緯から、国から「改修が必要になったら撤去すること」とクギを刺されているからだ。名所復活の願いと、国との約束の板挟みとなったまま、「絶景風呂」復活のメドは立っていない。(中沢滋人)

◆西伊豆町名物、台風被害 修理不可?
 露天風呂は西伊豆町仁科の絶壁の上にある。脱衣所はこぢんまりとした小屋。男女別に仕切られた浴槽は数人程度しか入れないが、駿河湾を一望し、沖の三四郎島がよく見える。08年度には約1万5千人が利用した。

 ところが、現在、仕切りは倒れ、浴槽は空っぽ。駐車場からの階段の手すりも所々崩れている。旅行中に立ち寄った横浜市の会社員男性(32)は「一度入ったが、目の前に海が広がり、開放感がすばらしかった」と残念がる。堂ケ島民宿組合長の佐藤晴也さん(73)も「あの風呂に入りに来るという人も多く、みんながっかりしている」と、一日も早い再開を求める。

◆「知らなかった」
 町観光協会が露天風呂をつくったのは88年7月。全国的な露天風呂ブームに乗って、町有地の沢田公園に設置した。一帯は文化財保護法に基づく保存管理計画で厳しい保護対策がとられる特別地区・第一種地区のため、原状変更する際には国の許可を受けないといけないが、「当時は知らなかった」という。

 文化庁からの指摘を受け、観光協会は始末書と申請書類を提出。89年1月、地元観光振興という事情をくんでもらって特別に許可をもらったが、文化庁長官名で「改修等が必要となる時点で、撤去し原状に復すること」という書類も受けた。

◆「老朽化ではない」
 このため、台風被害から1カ月以上が過ぎたが、修理は手つかずのまま。200万円以上かかるとみられる修理費を工面するあてもたっていない。これとは別に、町は管理する階段部分の修繕費150万円を補正予算で計上したが、執行停止したままだ。

 観光協会は町とともに、文化庁の窓口を務める県教委文化課と協議中。観光協会の加藤賢二会長は「最初の手順を間違ったことは申し訳ないが、我が町の観光業には必要な施設。自然を守りながら景観を継承していくので、ぜひ一日も早く復旧させていただきたい」と話す。

 一方、県教委文化課は「『改修』はできないので、撤去せざるを得ない面もある。だが、老朽化ではないので、別のあり方もあるかとも思える」として、「現在は何とも言えない」。来週にも文化庁との協議を始めるというが、いつ解決できるかはわからないという。

介護疲れの無理心中か…東京・稲城の集合住宅

11日午後7時5分頃、東京都稲城市平尾の集合住宅3階に住む無職黒住光雄さん(67)方で、男女2人が死亡しているのを通報で駆けつけた警視庁多摩中央署員が見つけた。

 女性は和室のベッドで倒れ、男性は浴室で首をつっていた。

 2人は黒住さんと妻の洋子さん(78)とみられ、同署は無理心中とみて調べている。

 発表によると、同日午後6時頃、市役所職員とヘルパーが訪問したところ、新聞が数日分たまり、応答もないため、近くの交番に届けた。捜査関係者によると、女性の首には絞められたような跡があり、室内からは遺書のようなメモが見つかった。近所の人の話では、黒住さんは洋子さんを介護していたという。

(2009年11月12日11時14分 読売新聞)

「出身は千葉県」…神戸での市橋容疑者、“逃亡者”の雰囲気なく

千葉県市川市で2007年3月、英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)は、同県警行徳署捜査本部の取り調べに対し、家族の話など身上や経歴については、うなだれた様子でうつむきながらも小声で答えるが、容疑について聞かれると、無言になるという。捜査本部は12日、市橋容疑者を千葉地検に送検し、調べを進める。

風呂で眼鏡取り、顔隠さず
市橋容疑者が、大阪府茨木市の建設会社で勤務する約2か月前の2008年6月までの4か月間、住み込みで働いていたとみられる神戸市北区の土木会社が11日、記者会見を開いた。雇用契約書には、茨木市の建設会社に伝えたのと同じ「井上康介」の偽名やうその生年月日が記され、「大阪市港区」などとする連絡先もほぼ同じだった。必要以上に顔を隠すことはなく、〈逃亡者〉の雰囲気はなかったという。

 土木会社の専務(46)によると、市橋容疑者とみられる男は08年2月28日、同社が大阪市西成区で労働者を募集した際に、「仕事がないか」と近づいてきたという。

 主に京都府舞鶴市の工場解体現場で勤務。同年6月26日に給料を受け取り、「明日も働く」と言っていたが、翌朝には姿を消していた。約4か月間で約55万円を受け取ったという。

 整形後の写真が公開されて従業員が気づき、今月10日に兵庫県警有馬署へ相談した。

 上司(52)によると、容姿は整形後の写真に近いが、まゆが太く、黒縁の眼鏡をかけて、髪の毛を後ろに束ねていた。風呂場では眼鏡を取り、顔を隠すようなそぶりはなかった。寮の3畳半の個室で生活し、マンガ雑誌をよく読み、好きなキャラクターに詳しかった。「おやじギャグ」を言うこともあったという。

 仕事ではトラブルは一切なく、仕事の行き帰りなどには「出身は千葉県」「旅行に行きたいから金をためたい」などと話したという。

 上司は「性格は温厚で、おとなしかった。本当に驚いた。罪を償ってやり直してほしい」と話していた。

「営業の仕事で奄美大島へ」
 一方、神戸市のタクシー会社によると、市橋容疑者とみられる男は逮捕直前の10日午後、神戸市東灘区のJR住吉駅前からタクシーを利用し、神戸・六甲アイランド内のフェリーターミナルへ行ったが、この日は神戸発のフェリーがないため、同じタクシーで大阪・南港へ移動した。男は、「営業の仕事で奄美大島へ行く」と話していたという。

 車内で男は、ラジオを別のチャンネルにするよう求め、FM放送の音楽チャンネルに合わせると、「アップテンポな音楽が好きなんです」などと話したという。

(2009年11月12日 読売新聞)

市橋容疑者を逮捕 逃走2年半、大阪で

 千葉県市川市のマンションで2007年3月、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の遺体が見つかった事件で、大阪、千葉両府県警は10日午後、死体遺棄容疑で指名手配されていた市橋達也容疑者(30)を大阪市住之江区の大阪・南港で身柄確保し、午後8時17分、同容疑で逮捕した。死体遺棄罪の時効(3年)が迫っていた。市橋容疑者の身柄は11日午前0時45分、捜査本部がある千葉県警行徳署に移された。

 捜査本部の発表によると、市橋容疑者は「弁解することは何もありません。今は話したくありません」と供述しているという。

 捜査関係者によると、10日午後7時頃、フェリー会社の社員から「市橋容疑者に似た人がいる」と110番があり、捜査員が急行。沖縄行きフェリーに乗ろうとしていた男は、職務質問に「市橋です」と答え、抵抗せずに捜査員に両腕を抱えられて住之江署に任意同行された。指紋で市橋容疑者と確認し、逮捕した。市橋容疑者は新大阪駅から、午後11時45分東京着の新幹線で移送された。

 調べによると、市橋容疑者は07年3月25日頃、市川市のマンション自室のベランダに置かれた浴槽に、ホーカーさんの遺体に砂をかけるなどして遺棄した疑い。

 ホーカーさんの死因は窒息死とみられ、捜査本部は死亡の経緯も調べる。

 翌26日、ホーカーさんが行方不明になったと英会話学校から県警船橋署に届け出があり、署員がベランダで遺体を見つけた。市橋容疑者は遺体発見前の職務質問中に逃走し、27日指名手配されていた。

 今月に入り、市橋容疑者が名古屋市内の美容整形外科医院で今年10月24日に鼻の整形手術を受けていたことが判明。捜査本部は、医院で撮影された顔写真を公開し、行方を追っていた。

 今年10月11日までの1年2か月間、大阪府茨木市の建設会社の寮に住み込みで働いていたことも分かり、市橋容疑者の指紋が寮の部屋から検出された。

(2009年11月11日 読売新聞)

少年院元教官に懲役3年求刑

広島少年院(東広島市)の暴行事件で、特別公務員暴行陵虐罪に問われた元法務教官野畑勝也被告(32)=熊本県長洲町=の求刑公判が6日、広島地裁であり、検察側は懲役3年を求刑した。弁護側は執行猶予を求め、結審した。

 検察側は論告で「強い立場を利用し、少年らに繰り返し精神的苦痛を与え、少年矯正の信頼も失墜させた」と指摘。「体毛を口に押しつけるなどの屈辱感を与える行為は処遇の延長線上とは到底認められない」と述べた。

 弁護側は「荒れた院内を改善するため厳しく指導しようとした結果」と主張。ほかの教官が暴行を依頼するなど野畑被告に少年の処遇が集中していたとし「処分の公平性から被告だけが刑事処分を受けるケースではない」と訴えた。

 起訴状によると、野畑被告は昨年5月から今年3月にかけ、院内の浴室や物置で、少年にシャワーホースで首を絞めさせたりするなど少年18人に計24件の暴行を加えた疑い。

色と香り癒やしの時間 紫波の温泉施設でリンゴ風呂

紫波町小屋敷のラ・フランス温泉館は、男女露天風呂でリンゴ風呂を実施し、利用者に地元の特産物をアピールしている。

 収穫期の町内産リンゴをPRしようと、初めて企画。同町長岡地区の加工用のジョナゴールド、王林、観賞用の姫リンゴを露天風呂に浮かべている。ほのかな甘酸っぱい香りと、鮮やかな色合いで入浴客を癒やす。

 これまでもバラ、洋ランなどを入れた露天風呂が好評だった同温泉館。村上秀紀経営管理部長は「次は施設名にちなみ、洋ナシのラ・フランスも活用できないか検討中」としている。リンゴ風呂は17日まで。

【チャイム】仙人風呂始まる 和歌山県田辺市

◇…和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉で1日、河原を掘った期間限定の大露天風呂「仙人風呂」がオープン=写真(大森貴弘撮影)。来年2月末まで無料で楽しめる。

 ◇…河原を掘ると湯がわく温泉の大塔川を一部せき止めて作られている。湯船は長さ約50メートル、幅約15メートル。約73度の源泉を川の水で約40度に調整した。

 ◇…さっそく地元の園児らが水着姿で“一番風呂”を堪能し、「温かくて気持ちいい」。山間にこだまする元気な歓声に、仙人も驚いているかも!?