ヒノキの香りで心ポカポカ お年寄りにメッセージ 三重

敬老の日の20日、三重県尾鷲市の温泉施設「夢古道の湯」で、尾鷲ヒノキの間伐材の木片に、お年寄りへのメッセージを書いて湯船に浮かべる「敬老の日100のありがとう風呂」と題したイベントが開かれた。「家族一緒にお風呂に入ってきずなを深め、体も心も温まって欲しい」との願いが込められている。

 木片は直径9センチ、厚さ3センチで99個浮かべられた。最後の「ありがとう」は、湯船でお年寄りに直接伝え、全部で100にして欲しいとの演出。メッセージは地元の小学生や入浴客から集めた。

 同県御浜町から来た原章三さん(63)は「ほほ笑ましい気持ちになった。初めて見たけどいいアイデアだと思います」と感心していた。26日まで行われる。

自給自足に四苦八苦 関西大生ら合宿/朝来

自給自足生活の実践で知られている朝来市和田山町朝日の「あ~す農場」を、関西大学と京都教育大学の学生たちが17日まで2泊3日の合宿に訪れている。環境や食料問題などを学ぶため、大学生協が毎年実施している研修の一環として企画。約15人の学生が日ごろの便利な生活を離れ、自然の恵みに寄り添う山の暮らしを体験している。

 農場は23年前、西宮市から移り住んだ大森昌也さん(68)が開いた。田畑を耕し、鶏や豚などを飼って食糧を自給。豚のふんなどを発酵させたメタンガスを調理に使い、家の前を流れる川を利用した水力発電で電力の半分ほどを自給。炭焼きや天然酵母のパン作りで得た現金収入で、ガソリン代などをまかなう。

 学生たちは15日午後の到着直後から、大森さんの長女ちえさん(24)、次女れいさん(20)、三女あいさん(20)の手ほどきを受けながら、肥料やメタンガスの元になる鶏や豚のふんを運んだり、鶏の卵を集めたり、まきを割って風呂を沸かしたりと、絶え間なく続く作業に追われた。

 16日には、鶏さばきに挑戦。れいさんとあいさんが手本に包丁で鶏の首を切り落とすのを、学生たちは言葉も出ない様子で静かに見つめていた。学生2人も2羽の首を切って計3羽をしめた後、みんなで羽根をむしり、包丁でささみやモモなどにさばいた肉は、夕食のカレーの具になった。関西大3回生の横村佳奈さん(21)=大阪府吹田市=は「鶏の首が切られた瞬間、頭が真っ白になった。私たちのために死んでくれたのでふだん以上に味わって食べてあげたい」と話していた。

 食育に関心があって参加した同大学2回生の西内志帆さん(19)=伊丹市=は「食品ができるまでどんな過程があったか、ふだんはわからない。ここではその過程が省かれることなく、いろいろ勉強できる」と話していたが、鶏の解体を体験した後、「ここまで知る必要があるのかどうかわからない」と少し考え込んだ様子。「でも、時間がかかって大変なことはよくわかりました」と語った。

 大森さんは「こういう自給自足の暮らしがあることを知ってもらい、将来過疎の山で自活する若い人たちが増えるのが一番の望みです」と話していた。

熊野の郷:ヒノキの丸太に感謝を込めて 敬老の日に特別風呂--松阪 /三重

◇言葉を募集中
 お年寄りへの感謝の気持ちを湯船に浮かべてみませんか--。松阪市中万町の温浴施設「熊野の郷」は敬老の日の20日、思いを書き込んだヒノキ丸太の輪切りを浴槽に浮かべる「ありがとう風呂」を企画し、感謝の言葉を募集している。

 今年の母の日から始めた企画で、父の日に続く第3弾となる。ヒノキは殺菌効果があるうえ、香りも好評で、お年寄りへの敬意を表すため、敬老の日にも実施することにした。

 湯船に浮かべるヒノキは尾鷲市内の山林で伐採した間伐材を利用する。直径9センチ、厚さ3センチに加工してあり、世界遺産の熊野古道の山林にちなみ、「世界遺産」の焼き印が押してある。

 「熊野の郷」で受け付け中で、寄せられた言葉を担当者が油性ペンで書き写し、浴槽に浮かべる。同施設は「日ごろの気持ちを自分の言葉でしたためてほしい」と呼び掛けている。問い合わせは、同施設(電話0598・29・4126)。【橋本明】

福山女児変死で母親と同居男を逮捕 傷害致死容疑

8月末に福山市内で体にあざがある女児(2)が死亡した事件で、虐待で暴行を加えて死亡させたとして、広島県警は10日、女児の実母(21)と同居する男(20)を傷害致死の疑いで逮捕した。

 県警の調べでは、2人は8月31日、同市東手城町1丁目の自宅アパートで、女児に暴行を加えて頭に大けがをさせ、死亡させた疑い。

 10日午前7時15分ごろ、県警の捜査員が広島県内の男の実家を訪れ、任意同行を求めた。2人は同じ捜査車両に乗り込んだ。

 これまでの任意の調べに対し、2人は「風呂場で水浴びをしていて目を離したら浮いていた」と話し、女児が死亡した当日の暴行は否定しているという。

 県警の司法解剖の結果、女児の死因は頭に強い力が加わって脳が腫れる脳腫脹(しゅちょう)と判明している。頭部などに打撲のあとがあったことなどから、県警は2人が女児に虐待で暴行を加え、死亡させたとみて調べている。

ピンチ!88センチFカップ「バスタオルが何度も落ちそうになって」

グラビアアイドルの菜月理子(21)が4日、東京・秋葉原で最新DVD「絶対彼女」(晋遊舎、3990円)の発売記念イベントを行った。

 彼氏と温泉旅行に行く設定で、「お風呂にバスタオル1枚で入ったり、浴衣をはだけたり、ラブラブな感じです」とPR。入浴シーンでは「バスタオルがお湯を含んで重くなっちゃって、何度も落ちそうになりました」とのことで、ギリギリの危うさも楽しめそうだ。

 露出度が高い水着も盛りだくさんで、88センチFカップバストを惜しみなく見せ付けるシーンも。なかでも「下乳をよく見せてますね」と照れ笑いまじりに振り返った。

 ◆菜月 理子(なつき・りこ)1989年3月27日生まれ。東京出身。身長1メートル60、スリーサイズはB88(Fカップ)W55H86。趣味は料理、自分磨き。特技はクラシックバレエ。

お風呂の快楽

ヘチマの良さ再発見

 酷暑の毎日、あまりの高温と湿度のために肌の上に膜が張っているようだ。その膜を洗い流さなくては、皮膚呼吸もできないような気分になる。そこで、お風呂。お風呂の快楽こそ最上である。

 欠かせないお風呂グッズは何か。私は懐かしいものと再会した。
 今夏、10年以上ぶりで海外に行った。場所は上海。が、目的は万博にあらず。上海美術館で行われた「千姿美人」展という日本の化粧史の展示の解説を書いたので、それを見に行ったのだ。

 宿泊したホテルのお風呂グッズに懐かしいものがあった。それはヘチマ。ある程度の年齢の方は、ヘチマで身体を洗ったことを覚えていらっしゃるのではなかろうか。

 ホテルに備え付けられていたヘチマは、四角く切り取られて裏側に手を入れられるようにゴムが付いていたため、ぱっと見たときにはヘチマとは気付かなかった。「何だろう?」と袋から取り出して触れてはじめてヘチマであることを思い出したのだ。

 早速お湯でぬらして石鹸(せっ・けん)を付け、腕を洗い始めると、少しごわっとした独特の感触に子供の頃がまざまざと蘇(よみがえ)った。乾燥しているとざらざらとしているのに、お湯に浸(つ)けるとだんだん柔らかくなる。

 昔、祖母の家の庭でヘチマを育てていた。よく実った実を水につけて繊維だけにしたものの中から特に小さくて柔らかいものを「智子ちゃんの」と祖母が選んでくれた。大きく実った繊維のごわごわしたものは大人用だった。ホテルのお風呂で、祖母のことを思い出していた。

 以前、「富山市役所の窓にグリーンカーテン」というニュースを見たが、何を植えたのだろう。朝顔、ゴーヤ、瓢箪(ひょう・たん)、色々考えられるがよもやヘチマはないだろう。来年はヘチマもぜひ植えて欲しい。

 「東京の銭湯のペンキ画に立山連峰」という話題も比較的最近のことだ。富山市役所で作ったヘチマを東京の銭湯の常連さんに差し上げたら……。私のように懐かしく思う人も、初めての使い心地の良さに驚かれる人も、想像は勝手にふくらんでいく。

 ヘチマで身体を洗うとすべすべしてとても気持ちが良い。スポンジや手拭(ぬぐ)いで洗うのと、どうしてこんなに違うのだろう。これほど心地良いものを、いつから使わなくなってしまったのか。

 今年はもう間に合わないけれど、来年はヘチマを植えよう。昔、祖母がそうしてくれたように、ひとつひとつ使う人の顔を思い浮かべてヘチマの実を分けるのだ。
 お風呂の快楽への道は結構手間が掛かるのである。

神戸のマンションで老夫婦死亡…熱中症?エアコンなし

19日午後7時15分頃、神戸市東灘区のマンションの一室で、管理会社社員が、この部屋に住む無職男性(84)と妻(80)が死亡しているのを見つけた。遺体に目立った外傷はなく、部屋も施錠されており、兵庫県警東灘署は事件性は低いとみている。死後約1週間とみられ、同署は20日に司法解剖して死因を調べる。

 発表によると、19日、マンションの住民から管理会社に「異臭がする」と連絡があり、同社員が長女(52)の立ち会いのもと室内を確認。男性は和室、妻は台所で倒れていた。風呂とトイレの照明はついていたが、室内にエアコンはなかったといい、熱中症の可能性もあるとみて調べている。

(2010年8月20日 読売新聞)

強盗:アパートに男侵入、8万円奪って逃走--秋田 /秋田

31日午前3時半ごろ、秋田市広面のアルバイト女性(29)のアパートの部屋に男が侵入し、寝ていた女性にカッターナイフのような刃物を突きつけて「騒ぐな、殺すぞ」と脅し、現金8万円とキャッシュカードを奪って逃走した。女性は同5時20分ごろ、近くの交番に通報した。秋田東署は強盗事件として、男の行方を追っている。

 同署の調べでは、男は20~30歳、身長約165センチで、上下とも黒っぽい服を着て、頭に白いタオルのような物をかぶっていた。女性は同署に対し、事件当時は玄関の鍵はかけていたが、風呂場の窓の鍵はかけていなかったと話しているという。現場周辺は住宅街。【小林洋子】

園佳也子さん死去…金鳥サッサCMで人気

女優の園佳也子(その・かやこ)=本名・清水郁子=さんが、東京都世田谷区池尻の自宅で死亡していたことが29日、分かった。病死とみられる。80歳だった。舞台やドラマなどで見せる姿と同様、素顔も愛嬌(きょう)ある元気いっぱいの人柄で多くの人に親しまれた。

  ◇  ◇

 警視庁世田谷署によると、園さんは1人暮らし。27日午後に訪れた姪(めい)が、風呂場で倒れているのを見つけて119番し、死亡が確認された。心不全だった。26日午後には知人と会話をしていたという。

 姪は1人暮らしの園さんの様子を定期的に見に訪れていた。

 園さんは東京都出身で、大阪・天王寺で育った。NHK大阪放送劇団の聴講生となり、テレビに初出演。神戸女学院大文学部を卒業後、66年に東京に活動の拠点を移し、芸術座の舞台「細雪」のお手伝いさん役で注目を集める。

 その後、ドラマ「細うで繁盛記」「ありがとう」「おんなは度胸」などのホームドラマで、関西弁の愛嬌のある脇役として元気で庶民的な女性を演じ、親しまれた。玉ねぎヘアがトレードマークだった。

 CMでは金鳥サッサのコミカルな演技でも人気を集めた。

 晩年は舞台を中心に活動し、女優・水谷八重子、波乃久里子と共演した舞台「三婆(さんばば)」は好評を博した。人気作家・有吉佐和子氏原作の名作舞台。2006年10月31日には、12月の「三婆」舞台の製作発表で「1週間前に、肋骨(ろっこつ)5本が折れていたことに気付いたんですわ」と豪快に笑い飛ばしながら告白。最終通しげいこを行った11月30日には、肋骨骨折に続き、ぎっくり腰で腰痛に悩まされていることを明かしていた。

 演劇関係者によると、園さんはここ3、4年ほど活動をしていなかった。

チーム状態最悪…フィンケ監督勝利なるか

浦和は連日の“トップ会談”でどん底脱出を図る。現在公式戦5戦連続勝利なしとチーム状態は最悪。柱谷GMは「毎日、監督と改善点について話し合っている。(監督は)自信を持って指揮しているし迷いは感じられない」と明かした。

 そのフィンケ監督はこの日の練習をわずか35分間で終了、選手には水風呂を推奨するなど酷暑対策にも必死。28日はDF山田暢とMF細貝を出場停止で欠くが、相手は最下位の京都。独善的にチームづくりを進めてきた指揮官には結果が求められる。