センター試験 京大で受験生に聞く

新型インフルエンザが、16日から始まる大学入試センター試験に臨む受験生の脅威となっている。センター試験の会場となる京都大(京都市左京区)で15日、下見に訪れた受験生に聞くと、初詣でなど外出を控え、マスクやうがい薬を常備し、ランニングで体力づくりをするなど、感染予防のための細かい気配りが垣間見えた。

 約1800人が受験する京大では朝から会場の設営作業が始まった。会場の教室前にはアルコール消毒液が置かれ、下見の受験生もマスク姿が目立った。

 男子高校生(18)は「マスクはどこに行くにも欠かせない。うがい薬も持ち歩き、学校や外出先でうがいしている。バスや電車も避けたいので、下見もためらった」と足早に帰路に就いた。

 教員志望という男子高校生(18)は「毎朝ランニングを続けており、今朝も1時間走った。体力があればインフルエンザにもかからないと思う」。

 家族も受験生を気遣う。女子高校生(18)の下見に付き添った母親(54)は「ビタミンCの多い果物を多めにし、食事の栄養バランスを考えている。万全の状態で試験に臨んでほしい」と語った。

 既に新型インフルエンザに感染した受験生もいた。京都市内の予備校生(19)は「注意していたのに年末にかかった。2日ほど勉強できなかったが、今でなくてよかった。マスクとうがいは心がけているので、ひと冬に2度もかかることはないだろう」と笑った。

 ■受験生のインフルエンザ対策は…(15日、京都大で)

 18歳男現役 外出先にうがい薬を持参し、うがいを繰り返す。

 18歳男現役 勉強部屋にぬれタオルをつり下げて空気の乾燥を防ぐ。

 18歳女現役 人込みを避け、電車やバスにもできるだけ乗らない。

 19歳男1浪 昨冬かかった。気合で乗り切る。

 18歳男現役 毎朝ランニング。今朝も1時間走った。

 19歳女1浪 予備校の自習室は使わず、早く帰宅して自宅で勉強する。

 18歳女現役 厚めの服装。ゆっくりと風呂につかる。

 18歳男現役 ここ数年は風邪をひかず。いつも通りの生活で。

 18歳女現役 人込みを避ける。初詣でにも行かず。

 19歳男1浪 年末にかかった。ひと冬に2度もかからないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA