15日から晩白柚風呂

 八代市の日奈久温泉街の旅館やホテル16軒は、15日から地元特産の晩白柚(ばん・ぺい・ゆ)を湯船に浮かべる。冬季恒例のもてなしで、日奈久温泉の年末年始の風物詩。来年1月末まで。

  同温泉旅館組合の伊藤輝充組合長が経営する「あたらし屋旅館」では市内の女性らが11日、PRのため入浴した。直径20センチほどの黄色い玉十数個が甘酸っぱい香りを醸し出し、「癒やされます」。日帰りの入浴は200~500円。問い合わせは日奈久温泉観光案内所(0965・38・0267)へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA