羽柴さんの温泉で火災 青森県五所川原市

26日午後9時20分ごろ、青森県五所川原市の会社役員、羽柴秀吉はしば・ひでよし(本名・三上誠三みかみ・せいぞう)さん(60)が経営する同市金木町の宿泊施設「小田川おだがわ温泉ホテル」から出火していると地元消防に通報があった。27日午前1時半現在、鎮火していない。消防によると、けが人はいないとみられる。

 羽柴さんは各地の首長選などに出馬していることで知られる。同ホテルの建物は国会議事堂を模している。

 現場周辺は炎で照らされて焦げたにおいが立ち込めていた。多くの消防車が出動し、消火に当たった。周囲に民家などはない。

 同ホテルは2000年にも木造平屋の浴場や食堂、宿泊棟の一部の計約1420平方メートルを焼く火事があった。

 県警五所川原署が出火原因などを調べている。

 ホテルのホームページによると、宿泊施設には大浴場や露天風呂のほか、「建設省」「農林省」などと名付けた宴会場がある。

 現場はJR五所川原駅の北約9キロ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA