バスタオルを巻いて女風呂に潜入 強制わいせつ未遂で男を再逮捕 栃木

今市署は23日、女風呂で女性に抱きつこうとしたとして、強制わいせつ未遂の疑いで、埼玉県羽生市東、会社員、渡会圭介容疑者(25)=建造物侵入容疑で逮捕、処分保留で釈放=を再逮捕した。「ムラムラした」などと容疑を認めている。

 調べによると、渡会容疑者は6月27日夕、日光市鬼怒川温泉滝のホテルの女子浴場で、女性客(49)に抱きつこうとした疑い。渡会容疑者は細身で、犯行当時は髪を肩までのばしていた。体にバスタオルを巻き付けるなど、女性のふりをして女風呂に入場。女性に抱きつこうとしたが、ひざげりで抵抗されたため逃走した。

 ホテルでは6月に客室内の財布が盗まれる窃盗事件や、就寝中の女性の体を触る強制わいせつ事件が連続して発生。張り込んでいた同署員が渡会容疑者を逮捕した。今後、窃盗容疑などでも捜査する方針だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA