映画:スーパーシナリオグランプリ受賞、「雨の中の初恋」ロケ地に三朝温泉 /鳥取

12月25日17時2分配信 毎日新聞

 ◇「町の活性化につなげて」 スタッフら知事に決定報告
 「第1回スーパーシナリオグランプリ」(毎日広告社主催)の受賞作品「雨の中の初恋」のロケ地に三朝町の三朝温泉が選ばれた。同実行委のスタッフらが24日、平井伸治知事を訪問してロケ地決定を報告。「映画を通して町の活性化につなげたい」と語った。
 「雨の中の初恋」の舞台は深刻な経営不振に陥っている地方の温泉街。かつての繁栄を取り戻そうと地元の住民や都会から来た「ネット難民」が知恵を出し合い、奇跡の復興を果たすという物語。777点のシナリオの中から選ばれた。
 同グランプリは、ロケ地として町の活性化に意欲的な地域を公募。NPO「みささ温泉」の新藤祐一理事長らが応募し、全国38カ所の応募地域の中から選ばれた。山下勝也・総合プロデューサーは「実際に三朝温泉を訪れたとき降っていた雨が温かく、シナリオに合っていた」と話す。
 ◇出演者、県民からも数人
 平井知事は「サンタが三朝にやってきたという感じ。鳥取の良さを多くの人に伝えるきっかけになればいい」と述べた。
 映画は来年3月に製作発表を行い、4月にクランクイン、11月に全国80カ所程度の規模で上映したい意向。出演者は県民からも数人募る予定。都会から三朝温泉に訪れる人が増えるような工夫もしていくという。【宇多川はるか】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA